乾燥肌には敏感肌用化粧品

乾燥肌には敏感肌用化粧品

乾燥肌がひどいと、お肌のバリア機能も崩れています。

 

そうすると、外的刺激に無防備な状態になっているので、スキンケア化粧品を選ぶときには敏感肌用などのお肌にやさしいスキンケア化粧品を選んだほうがよいでしょう。

 

あまり刺激が強いスキンケア化粧品をえらんでしまうと、乾燥肌でガサガサになっているバリア機能が壊れた部分から、刺激の強い成分が入ってしまってお肌がピリピリすることが多いからです。

 

敏感肌のスキンケア化粧品を選べば、やさしくお肌に保湿をしていくことができます。

 

クレンジングも、刺激が強いとお肌にたいせつなうるおいまで落としてしまうことがあります。

 

自己流のメイク落としだと、メイク汚れだけではなく、必要な皮脂まで落としすぎることがあるので、敏感肌用のクレンジングなどでスキンケア効果も高いものが理想的です。

 

たとえば、角層を保護してくれる成分として種子油などが配合されていると良いでしょう。

 

そして洗顔料は、しっかりと泡立てたうえで、泡で洗うことを忘れないでください。

 

そして、ローションはとろっとこくのあるタイプを選びます。

 

乾燥肌ならば、セラミドやアミノ酸などの保湿成分が入っていると、お肌をしっかりうるおすことができます。

乾燥肌なので化粧品選びとケアが大事です。

 

乾燥肌なので、化粧品選びはとても大事です。

 

せっかく化粧水を毎日塗っても効果があまりないものだと水分が補給できずにさらに乾燥が進んでしまいます。

 

ですので、とにかく保湿が一番大事、化粧水は付け心地を必ずサンプルで試して納得してから購入するようにしています。

 

お風呂から上がった時が勝負です。

 

すぐにどんどん乾燥してしまうので、お気に入りの化粧水をまずはコットンにたっぷりとって、さっと顔全体に塗ります。

 

この後しっかり肌に水分を浸透させるようにコットンでパッティングしていきます。

 

時間のある時にはコットンにさらに化粧水を足して、コットンを4〜5枚に薄く分けて、コットンパックをすることもあります。

 

この後せっかく化粧水で潤した水分が逃げないように乳液、クリームを塗ることが大事で、ここまでが済んでやっと一息つくという感じです。

 

毎日のケアは結構面倒でサボりたくなりいい加減に手で化粧水を塗るだけの時もありますが、そうするとすぐに肌が乾燥してカサカサになり、結局お化粧が綺麗につかず、ぼろぼろになってしまうので、毎日のケアはやっぱりサボれません。

 

エアコンの乾燥に肌がやられてしまわないよう、しっかり保湿を頑張ろうと思っています。